« 琉球犬 | メイン | 犬の体のしくみ »

犬の先祖と歴史の説明

『犬の祖先はオオカミ』というのが、専門家の間でも大体一致した考えです。
人間と犬が一緒に暮らすようになったのは、今から約1万年(縄文時代)前のことと言われています。
人間となじみのある牛や馬といった動物よりも、犬の方が昔から人間となじみ深い関係(仲間)でいたことにはいくつかの理由があります。
人間が生活の周辺に捨てていた残ったごみ(残飯)が、犬を集落のそばへひきつけました。
犬には獲物を捕らえたり、外敵が侵入しそうなとき、いち早くそれをキャッチして、吠えたり追い立てたりする能力があります。その能力を人間が利用するようになり、共生が始まりました。
それからペット(コンパニオンアニマル)としての長い歴史が始まります。

最新ニュース
  • Yahoo!…日本最大のポータルサイト
  • Yahoo!ショッピング…買い物、オークションのネットマーケット
  • Yahoo!ニュース…最新の話題、ニュース速報